プロフィール

えーすけ

Author:えーすけ
世界一周の旅を決意して、勤めてた会社を即退社。家なし、貯金なし状態からフリーター・節約生活を1年経て、2011年9月11日から世界一周の旅へ出てます。

同棲の約束を彼女と交わし、世界へと旅立った今、目標は一周してただ無事日本に帰ること!!待っててくれよ~!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1664位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
220位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
応援ありがとうございます!
RSSリンクの表示


世界一周Blogランキング参加中です!

あなた様のワンクリックで、ぼくのブログ更新のやる気が538倍ほど、アップします!
あああ、今日も記事書かなきゃと、眠くてもベッドから起き上がります。
頑張ってパソコンを点けます。
写真を見返して、文章を考えます。
で、そのまま眠りに入ります。

ま、それでも、クリック、よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドでボランティア初体験!

この一本だけのつもりが、
re0606-086.jpg





いつの間にか夜中、ゲロゲロになるまで飲んでましたよ。
re0606-420119_10150581208786920_1408760409_n.jpg






前にもお伝えしましたが、宿のトイレはウンチがこびりついてて、

絶対こんなところで排泄したら、病気になるから避けてたんですけどね。






まさかそんな便器に顔を突っ込んで、リバースするとは思いもしませんでした。





ぼくをゲロゲロにさせた犯人は同じ宿にいた陽気な韓国人。
re0606-001.jpg
僕と彼は気づいたら、ビッグブラザーとスモールブラザーの関係になっていて、

弟分の僕がゲロゲロになるまで飲まされたという訳です。




もうお酒なんて、日本に帰るまで絶対飲みません!

まあ、180%そんなの無理ですけど。





がっつり飲まされましたが、翌朝はマザーテレサのボランティア参加のため、早朝6時起き。

お酒が残ってても、起きなければならないこの強制起床。

軽く、僕のサラリーマン時代を思い出しました。





まずは、テレサハウスでボランティア全参加者が集合。
re0606-003.jpg

ここで、軽い朝食を食べたあと、それぞれの配属先へと出発です。


ぼくは先日の面談で、カリガートという、「死を待つ人の家」というボランティアバージンの僕とっては、重荷すぎる施設に配属されました。

重さでいうと、100キロの重りをつけて富士山を登らされるような気分です。


そのうえ、二日酔いで。あ、これは自分とあの韓国人のせいですが。






でもやるからには真面目にやって、この貴重なボランティア経験から、何かしら感じ取ってみようと考えました。



本来カリガートの施設は現在、改装工事中で向かったのはプレンダンという場所。

カリガートの患者さんも工事中のあいだはプレンダンに移転されるそうです。




テレサハウスから歩いて30分くらいのところにあり、施設はスラム街のど真ん中にあります。
re0606-009.jpg



この光景を見て、二日酔いが一気にぶっ飛びました。
re0606-010.jpg

人口が世界トップクラスのインドの中で2番目の人口密度が高いのがここ、コルカタ。

そんな人が密集したコルカタのスラム街は、大人2人くらいで狭く感じそうな小さな家で何人もの家族が住んでいました。

re0606-008.jpg

re0606-006.jpg

re0606-004.jpg




スラム街を見たのはボランティア施設まで向かう、ほんのわずかな時間でしたが、それでもインド貧困問題の重大さを十分実感できました。


朝一から昨日に続いてカルチャーショックです。








そして、二日酔いがよくなったと思ったら、今度はスラムを見てブルーな気持ちで施設に到着。



施設内はここから先、原則撮影禁止です。
re0606-IMG_0476.jpg

re0606-IMG_0477.jpg








カリガートのメンバーは僕以外みんな、もうすでに何日間か来院しているボランティア経験者みたいでした。



早速、みんなは各自、仕事場につき施設に常駐しているヘルパーさんやシスターのお手伝い。

特に誰からも指示がなく、ただ突っ立ってるだけだった僕は、

とりあえず、洗濯場を手伝うことにしました。




ここでも、特にシスターやヘルパーからの指示はなく、洗濯仕事の流れ作業に加わることにしました。



シスターがまず、排泄物が付着した患者さんの衣服を洗い落とし、

ボランティアスタッフが洗剤でゴシゴシと衣服を泡立てます。

洗剤の付いた衣服を次の人に手渡し、泡を洗い落とすだけです。





何も難しいことはないのですが、衣服のほとんどがかなりの汚れ。

メンバーのみんなはかなり手際よく、でも悪く言うと、適当にも見える仕事っぷりでした。



終始、え、そんなでいいの?と、ぼやきインマイハート。



簡単な作業ですが、汚れを落とすための「洗い加減」が僕には分からなくて、見よう見まねで仕事をするしかありません。

このあとの食器洗いも同様に、ぼく一人だけが手際悪かったです。




手際が悪くて、いつも、きょろきょろしてたジャパニーズは、そうです。





それ、僕です。








カリガートは交通事故、病気や老いで体がかなり弱った人が、最後を迎えるための施設です。

別名、「死を待つ人」の施設ともいわれていますが、僕が思っていたような重苦しい雰囲気はなかったです。




中には、自力で歩いたり、一人で食事もできる患者さんもいました。

ボランティアスタッフと楽しく会話してる患者さんもいます。

スタッフ間も手を動かしながら、他愛もない話をしたり、笑い声も。






でも、ここは「死を待つ人」の施設。


突然、重症患者の叫び声が聞こえてきたり、激しく暴れて発作を起こす患者さんを目にしたり。

重い空気がやはりどこか漂います。





そんなかんだで、休憩時間まできょろきょろでした。







休憩時間は他のボランティアとチャイを飲んだり、施設内を自由に動きまわったり出来ます。


で、隣接施設で同じくボランティアをしていたJ子さんは面白い特技を披露!
re0606-IMG_0473.jpg

足に挟んでバイオリンみたく演奏してるのは、の、ノコギリです!


オカリナを持っていた韓国人も加わり、「もののけ姫の歌」「上を向いて歩こう」を演奏してました。


楽器が凶器に見えるほど、クリエイティブな演奏!!

あ、凶器でしたね。



ノコギリ演奏に群がる患者さんたち。
re0606-IMG_0472.jpg


そして、人類が考え出した最古の楽器、

「手」という楽器を使って、僕も参加しましたよ。



え、ちょ、僕だけ手拍子って、めちゃめちゃ格好悪いじゃないですかー。







で、団欒とした自由時間が終わり、仕事タイムに戻ります。

仕事タイムといっても、洗濯も食器洗いも終了したので、再び無職です。





で、何をするでもなくうろちょろしていると、ある男性スタッフに、患者をベッドまで「運ぶ」のを手伝って欲しいと、呼び止められました。

え!?僕、ここに来たの初めてで、そんな介護の専門技術持ってないですけど。






ここでも、男性ヘルパーの見よう見まねです。

患者さんの後ろに右手を患者さんの右脇まで回して、しっかり体を支えます。

そして、患者さんの左手を自分の左手で取り、患者さんがバランスを取りながら歩けるように誘導ししていく感じです。






お手伝いした患者さんは、僕が手を離してしまうと床に崩れ込んでしまうくらい、かなり体が弱っているおじいさんでした。



手に取ったおじいさんの左手は温かく、おじいさんは筋肉が衰えながらも僕の左手をしっかりと握りしめます。

僕はおじいさんの歩調に合わせ、彼の体を支えながらベッドがある方向へ一歩づつ前進。



おじいさんの歩幅は一歩10cmあるかないかくらいで、ベッドまでの10メートルがかなり遠く感じました。





ゆっくりと、よちよちと。






けれど、おじいさんが全身全霊でその10cmの一歩を踏み込んでるのが感じられます。

おじいさんの体から「おれは生きている!」という力強さを直に感じて、考えさせられるベッドまでの10メートルでした。





普段、生きている中で他人の「命」というものを意識させられるのは、新たな「誕生」か、その逆の「死」かと思います。



密着した胴体からは、おじいさんの心拍数が分かるくらい心臓がバクバクしてるのが分かり、

握り締めた手からはおじいさんの手の温もりと、

にじみ出てくるおじいさんの汗。




衰弱した体でも、「生きる力強さ」が僕には伝わってきました。



人間には生きていく力強さがあります。

いくら弱っていようとも、人の「命」というものは、そう簡単には絶えるものではないんだなと、感心させられました。



「生きている」人間から、「命」をこんなに意識させられたのは初めてです。








不慣れながらも、おじいさんの体を支えベッドまで誘導しました。

それからも体が不自由な患者さんを2人、彼らの「命」の力強さを感じながらお手伝いさせていただきました。







この患者さんの誘導が終わると、もう昼過ぎ。

午後からも引き続き、手伝うことも可能ですが、ここで僕のボランティアは終了。




慣れないボランティア仕事で気疲れしたのと、

寝不足だったので、僕は宿に戻りました。








全くやる予定のなかったボランティアでしたが、マザーハウスに来てよかったです。






色々と感じさせられた僕のボランティア初体験でした。











本日も生存確認ありがとうございます。
スラム街、衝撃的!!わああ、ノコギリで演奏!
奥深いボランティア経験だったね!
てか、ボランティア似合わない!!と、思った人は、
「世界一周」をぽちっと、お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

やっぱインドやだわ。

コルカタの恵美子ダールさん宅は1泊して出ました。
re0605-031.jpg


確かに安全でアットホームな宿なんですけどね。

1000ルピーは高すぎます。





そして、貧乏旅行者はこちらへ。
re0605-037.jpg
安宿が集まるサダル・ストリートです。


ホテル・マリア。
re0605-012.jpg
な、なんと、ドミトリー90ルピー(150円)です!!


ダールさんの宿と比べると、10分の1!

昨日の1泊がここの10泊分と考えると恐ろしいです。




インドの物価安すぎです!!





ただ、半端なく汚い!
re0605-011.jpg
ご入隊おめでとうございます。


ハリウッド映画に出てくる軍隊キャンプみたいなドミトリーです。



もちろん、シャワーからお湯はでないし、

トイレなんて、ここ3年分くらいのウンチがこびりついていて真っ黒でしたからね。



隣にいた欧米人はベッドのダニにやられて背中が真っ赤。



屋上は気持ちよくて、居心地いいけれど、
re0605-087.jpg
ここの宿、有りか、無しか?と聞かれれば、完全に無しです。






うーん、有りか、有りか?と聞かれても、無しです!





1泊目はかなりの贅沢をしたので、ここで軍人生活を送ります。

いや、軍人のほうがいいかも。













さて、気を取り直して、コルカタの街並みを散策しにいきました。



昨日のダールさんの宿は安全地帯だったので、

インドに慣れるためにも、いざ戦場へ!!

re0605-039.jpg

re0605-040.jpg

re0605-046.jpg

re0605-053.jpg

re0605-072.jpg



サダルストリートは安旅をしている旅行者が集まるような場所なので、ここにいるインド人はかなり旅行者慣れしています。



10分に一度は日本語でインド人がヘイ、マイフレンド、ドコカラキタ?

トウキョウ、オオサカ、ナゴヤ?と、聞かれるので、

ユー、エス、エー!!なんて、なるべく流暢な英語でおちょくってみると、






ニホンジント、ハナシシテタ、ミタネ。ユー、ウソツキ!だって。


何処でそんなに日本語覚えたんでしょうかね。




てか、宿の屋上でしか他の日本人旅行者と話してないのに、

それを本当に見てたとしたら、インド人恐ろしいです。





でも、サダルストリート周辺を歩くとと、もちろん攻撃的で旅行者をターゲットに話しかけてくる人ばかりではなくて、

そこには、コルカタの日常があります。



道で髭を剃ってる人や、
re0605-071.jpg


スパイス屋さん。
re0605-049.jpg
インドといえば、カレーやスパイスですよね。


お客さん待ちをしているリキシャのおじさんたち。
re0605-027.jpg


まあ、多くのリキシャ男たちはこんな風にして寝てますけど。
re0605-074.jpg
仕事しようよ。


タバコの葉っぱを売ってる人。
re0605-082.jpg
インドでは、タバコを口に入れてチューイングガムのように噛むインド人をよく見かけます。


インドの女性服を売ってる人。
re0605-069.jpg
おっと、この人はたぶん、人間じゃないですね。


もはや、何をどれだけ売ってるのか分かりません。
re0605-076.jpg
全て10ルピーの均一ショップらしいです。



このおじさんは道端でチャイといわれるインドの紅茶を作っていました。
re0605-025.jpg

re0605-020.jpg
一杯2ルピー(4円)だったので、ぼくも試しに一杯飲んでみました。


初インドチャイです!!
re0605-026.jpg

暖めた午後ティーにシナモンを入れてスパイシーにした感じです。


おお、これは美味い!!

これは安くて、はまります!!








恐る恐る写真を撮ってもいいか聞いてみると、
re0605-018.jpg
好きにしなって、旅行者だろうが、なんだろうがお構いなし。

この人なんて、ポーズまで決めちゃって。
re0605-028.jpg

re0605-045.jpg

re0605-019.jpg



ま、これでインドもインド人にも大分慣れてきたのかと思ったんですけどね。







コルカタの道では良く動物を見かけます。


サダルにはイスラム地区が近くにあるので、ブタがゴミ山をあさっていてり、
re0605-042.jpg


インドといえば、牛のイメージでしたが、サダルストリートではヤギの方ががたくさんいました。
re0605-054.jpg


そして、旅行者が通らないような狭い路地に入ると、



な、何、この動物!?
re0605-062.jpg
多分、こいつもヤギの一種だと思います。



見て、このバランスの悪い体とこのアホっぽい顔。
re0605-060.jpg
アホかわいいですね。略して、アホカワです。

アホカワを見て、ぼくもアホ騒ぎをしていたところに一人の少年がやってきました。


こいつかわいいね。アホだよね!と、ぼくの撮ったアホカワの写真を見せてあげたんですけど、





そんなのより、おれを撮れ!って言われました。
re0605-064.jpg

うん、いい顔しますね。

って、ちょい。



アホカワはこれ何の動物!?って聞いてみても、そのままスルーしてどこか行ってしまいました。

え!?人生初の撮られ逃げです。




ま、コルカタでは、ヤギは犬と同じくらいの扱いで、珍しくも何ともないんでしょうね。





って思いながら、ふらふらっと路地を進んでると、







うわっ。









ちょ…
re0605-059.jpg
え…な、何をぇ。


これ以上は写真が半端なくグロテスクなので、載せません。



道端で、あまりにもナチュラルにインド人がヤギの頭をさばいていました。


僕は、ただ唖然としてまいました。




牛肉を食べないインド人は「マトン」つまりヤギの肉は彼らの食生活に欠かせないたんぱく質源です。

マトンといったら普通、羊の肉のことを指しますが、インドの家庭ではヤギ肉のことをマトンと呼ぶということを後々知りました。




それにても、何も道端でヤギの頭をさばくことはないのに…






この後は、皮を力づくで剥ぎ、ほほ肉をでっかい包丁でそり落としてました。

ただ、皮とほほ肉が剥がれたヤギの頭には歯と目玉がしっかり残っていて、



今でも、そのヤギの目を思い出すと寒気が走ります。






その頭をさらに4つに分解。

皮以外は何一つ残さず、食料としてインド人は使うんでしょうね。









慣れてきたと思ってましたけど、まだまだインドを甘く見てました。


わあああ、衝撃的過ぎです。


ぎゃああ、絶対夢とかに出てきそうだし!








あまりの衝撃シーンだったので、宿に戻ってベッドに潜りこんで、ちょっと一休みし、




あ、そうだ。ベッドはダニだらけ何でした。









うん、インドやだわ。













本日も生存確認ありがとうございます。
宿汚っ!うわ、衝撃的!!と、思った人は、
「世界一周」をぽちっと、お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。