プロフィール

えーすけ

Author:えーすけ
世界一周の旅を決意して、勤めてた会社を即退社。家なし、貯金なし状態からフリーター・節約生活を1年経て、2011年9月11日から世界一周の旅へ出てます。

同棲の約束を彼女と交わし、世界へと旅立った今、目標は一周してただ無事日本に帰ること!!待っててくれよ~!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1664位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
220位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
応援ありがとうございます!
RSSリンクの表示


世界一周Blogランキング参加中です!

あなた様のワンクリックで、ぼくのブログ更新のやる気が538倍ほど、アップします!
あああ、今日も記事書かなきゃと、眠くてもベッドから起き上がります。
頑張ってパソコンを点けます。
写真を見返して、文章を考えます。
で、そのまま眠りに入ります。

ま、それでも、クリック、よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド行く前に、やっておきましょう。

みなさん、ご存知でしたか!?

インド人の大半はヒンドゥー教です。

そしてヒンドゥー教では、牛は神聖な動物として崇拝されているので、牛肉は食べません。




牛肉のない生活なんて、想像できます!?

ちなみに、1985年の牛年生まれ、牛肉育ちの僕としては、牛肉で生まれ、牛肉で生きてきた同然です。


あと、知ってましたか!?

O型は狩猟民族の子孫で、その名残を消化器官や免疫系に残しているため、肉食が適しているらしいです。

要は、O型の体に肉食は欠かせません。


言い換えと、O型の人は牛肉を定期的に摂取しなければ、生命の危機を感じます。



まとめると、O型であり牛年の僕にとって、インドに行くこということは、

断食しにいくみたいな感じです。



インド行く前に牛肉を摂取しなければ!!と、冷や汗をかきながらカオサン通りをふらついていると、


あ!
re0601-006.jpg

あの、店員さん、店員さん、牛!お願いします!!


外の看板に出てた、あの牛のことですよ!!
re0601-007.jpg




うひょーー!
re0601-008.jpg



牛!!
re0601-010.jpg


ぎゅう!!
re0601-009.jpg





ぎゅうぎゅうぎゅうぎゅう。
re0601-011.jpg







これで、バンコクでやり残したことは一切ありません。
re0601-012.jpg





無事、インドに行くことが出来ます。









本日も生存確認ありがとうございます。
牛!!と、思った人は、
「世界一周」をぽちっと、お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最後にアユタヤー!

ちなみにバンコクでは、



タクシー内は禁止ですが、
re0530-009.jpg


大型電気店のトイレではOKみたいです。
re0530-008 (2)


最近、下ネタが多くてすみません。

以上、バンコクの性事情でした。




さておき、今回タイに3度目の入国をして、重大なことに気づきました。


一度目の入国はカンボジアからバスで直接バンコク。

二度目はラオスから戻ってきて、これまた、バンコク。

そして今回、ミャンマーからインドに行くまでの間、今回もバンコク滞在。



わあああ、国土面積514,000km2のタイ王国でバンコク以外どこも行ってません!!

タイ人の友人と一度バンコク郊外の田舎には行きましたが、バンコクばっかりです。



てことで、インド行きまで残り2日しかないので、日帰りでアユタヤに行ってきました。


アユタヤは14世紀から18世紀、ビルマ軍に壊滅されるまでタイを支配したアユタヤ王朝の遺跡が残る場所です。

知ってましたか?


アユタヤの正式名称は、プラ・ナコーン・シー・アユッタヤーという長い名前をしてます。

ちなみに、アユタヤ王朝の創設者はラーマーティホーディー1世という、これまたちょい長めの名前の王様だったそうです。


さて、さあ、電車に乗ってアユタヤへ!
re0530-021.jpg


アユタヤまではバンコクから電車に乗って3時間ほど。
re0530-008.jpg

一緒にアユタヤ観光にいったK林君です。
re0530-015.jpg
東南アジアを旅してきて、肌の焼け具合が隣のタイ人おばちゃんの肌色と、さほど変わりません。


そして、仲良く寝る二人。
re0530-016.jpg
知らないおばちゃんですが、素敵な感じですね。


こちらは、ものすごい形相をした物売りのおばちゃんです。
re0530-018.jpg


座席の間の狭い通路をギリギリ通れるか、通れないかのがっちりした体格ですが、

ぐいぐい勢いよく進んできます。


悪い予感はしてましたけど、



うん、普通にエルボーくらいました。


電車の窓にはもちろん、窓ガラスはありません。
re0530-024.jpg

re0530-012.jpg

そこから入ってくる涼しい風が蒸し暑い車内を少しばかり気持ちよくさせてくれました。

ぼくも、ゆらゆら電車に揺られながら寝てしまい、いつの間にかアユタヤ到着。




駅から遺跡群まで、ここからは自転車!
re0530-025.jpg


駅を出て真っ先に自転車を借りたんですけどね。
re0530-032.jpg
いきなりです。

川を越えるためには遠回りして、自転車で橋を渡る方法と、

もしくは、一人4バーツの船に自転車ごと乗りこんで渡るかです。



K林君、もう自転車から降りていいよ。
re0530-028.jpg
今、船の上ですから。



そんなかんだで、アユタヤ遺跡に到着です!!
re0530-051.jpg

re0530-048.jpg



K林くん、わざわざ壁を登るフリして、ぼくの写真移りこまなくていいよ。
re0530-064.jpg


さて、遺跡ね。
re0530-053.jpg

うん。
re0530-055.jpg


まあ、ねえ。
re0530-046.jpg




ガイドブックによると、アユタヤ遺跡はビルマ軍によって壊滅された遺跡と、復元修復された遺跡や寺院を見比べたりすると、面白いとのことでした。



で、よく考えてみれば、これまでの観光してきた東南アジアの遺跡って、


インドネシアで、地震によって崩壊箇所も多く残る、存在感のあるブラバドール遺跡。

カンボジアで、修復中であっても、それでも形が美しいアンコールワット遺跡。

ミャンマーで、インディー・ジョーンズ気分で無数の遺跡を探検したバガン遺跡群。


写真の数にすると、1000枚は軽く超えていると思います。



もう遺跡はお腹いっぱいです。


贅沢なお話ですが、どうしても飽きてしまうのが人間です。

崩壊されてようが、修復されてようが同じに見えるのが、遺跡を散々見てきた僕の正直な印象です。


ねえ、K林くん、君も飽きたからって、
re0530-047.jpg
積み木みたく遺跡の石で遊ばなくていいよ。


ああ!!でも、これは!
re0530-039.jpg
アユタヤといえば、この根っこに埋った仏陀の頭!!

どんなガイドブックでも、これは紹介されてますよね。


ツーショットからのー。
re0530-042.jpg



ぶちゅ。
re0530-044.jpg



まあ、バンコク以外も、アユタヤ来たぞ!!ってことで記念にいつものあのポーズ。
re0530-060.jpg
アユタヤバージョンは、「走り」というより、ちょっと「ダッシュ気味。」


ねえ、K林くん。
re0530-062.jpg
どうしても、ぼくの写真に入りたんだね。


ちょ、T也くんまで。
re0530-070.jpg


お二人とも、ご協力ありがとうございました。

くだらない写真遊びをしてアユタヤを巡る我々3人でした。


うん、アユタヤ、あきたやー。

あ、別に駄洒落でもなんでもないですからね。



でも、最後の一枚はタイのゾウがいい味!
re0530-084.jpg
これは他の遺跡では見れない、アユタヤ、ナラデハー。






インド行きを数日に控えて、結局タイで行った場所はバンコクとその周辺です。



まあ、タイはまたいつか、大好きな人とまた来る約束だから、いいんです。


ほら、全部見て回ってしまったら、今度来たときの楽しみがなくなってしまうでしょ!

次でまさか、4度目のタイ入国になりますが、他はそのときまでのお楽しみです!!








本日も生存確認ありがとうございます。
バンコク外に行ったんだね!
あああ、仏陀の頭!もうK林くん!!思った人は、
「世界一周」をぽちっと、お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。