プロフィール

えーすけ

Author:えーすけ
世界一周の旅を決意して、勤めてた会社を即退社。家なし、貯金なし状態からフリーター・節約生活を1年経て、2011年9月11日から世界一周の旅へ出てます。

同棲の約束を彼女と交わし、世界へと旅立った今、目標は一周してただ無事日本に帰ること!!待っててくれよ~!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1453位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
181位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
応援ありがとうございます!
RSSリンクの表示


世界一周Blogランキング参加中です!

あなた様のワンクリックで、ぼくのブログ更新のやる気が538倍ほど、アップします!
あああ、今日も記事書かなきゃと、眠くてもベッドから起き上がります。
頑張ってパソコンを点けます。
写真を見返して、文章を考えます。
で、そのまま眠りに入ります。

ま、それでも、クリック、よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

届け、この思い!!

普段、ぼくは旅先の国でのお土産的な買い物は極力控えています。


もちろん貧乏旅行者として、いくら物価の安い国といえども、買いものが重なると出費が膨れ上がるというのが一番の理由です。


あと、モノが増えると当然、バックパックが重くなりますからね。

ちなみにLCCなどの格安航空券の飛行機に乗る際、預け荷物の重量制限はかなり厳しく、1kgでも多いと追加料金が課せられます。



重量制限は大抵15kgですが、ぼくのバックパックは限りなく15kgに近い15.3kgです。


うん、0.3kgのオーバーした分は無理やり預け荷物の中に入れたりなんかして、追加料金を取られないようにしてます。






さておき、お土産の話に戻しますと、そんな節約思考のぼくでも、たまにはいいっか!と、土産屋の前で足を止めて、心を許してしまうときがあります。





日本に残した大好きな人のためには買ってしまいます。

高価なもの買ってあげられないので、安くて似合いそうなお土産を吟味して選抜します。




別にモノで釣っている訳ではないですが、やっぱり海外に出てるんだから、たまには気に入りそうなアジア雑貨等を送ってあげないとダメですね。


なぜなら、日本に戻ったとき、「ん!?君、誰だっけ?」的な恐ろしいことにならないように。



お土産送らなくても、まあその辺は大丈夫でしょうけど。


多分。





いや、ま、念のため。
re0415-005edit.jpg
不器用なぼくの愛情表現の一つです。

ラオスとタイで集めたグッズを日本宛に送りました。



規定のダンボール箱に入れて、住所を慎重に書き終え、さて、バンコクから東京へ。

彼女へ無事届きますように!!





ところがまさか、







ちょ、ちょまっ、それぼくの!
re0415-002.jpg
窃盗被害に会いました。

犯人は5歳くらいのタイ人の男の子。






でも可愛い子だから、まあいいか。
re0415-004.jpg








いやいや、ちょ、マジで返して!!
re0415-003.jpg



この子のお母さんが登場するまで、郵便局内で追っかけっこ状態。

箱のどこに興味を持ったのか分かりませんが、本当に返してくれませんでした。



お母さんが叱っても、すんなり止めず、最終的にめちゃくちゃシバかれてました。

ざまあみろ。


てか、シバかれ過ぎてて、一緒になっておっかけっこを楽しんでいたぼくもシバかれるんじゃないかと不安でした。





ま、なんとか無事バンコクから郵送できました。










最後に一点。冒頭でもお伝えしたように、ぼくはお土産類はほとんど買いません。

生活に必要な最低限以外の自分用の買い物ものもインドネシアで買ったバリ風の布一枚。

それも、今では宿のベッドシーツとして活躍しています。




ちなみに友達はおろか、両親にも一切お土産を買ったことがありません。

「あの子にはお土産送っておいて、家には送らないなんて!」と、嫉妬を抱くかもしれない母親に一言。





おかん、ごめん!!










本日も生存確認ありがとうございます。
男の子可愛い!!
それでも無事、東京に届くかな!?と、思った人、
家にもお土産送りなさい!!と、思った母親は、
「世界一周」をぽちっと、お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タイの空港を渋谷駅と同等の扱いをする国際的な女。

はい、サワディー!!タイにお帰りなさーい!!
re0405-022.jpg

ラオス弾丸10日間の旅からバンコクに戻ってまいりました。

そして、こんなかわいい子がお出迎え。


夕飯を食べにいったバンコク風焼肉食べ放題のお店でこの子を発見して、本気でさらいたくなる3秒前でした。



で、焼肉は中国で会ったタイ人の友人、ラオスで仲良くなったNS君、香港から月3ペースで会ってるS君の4人でワイワイしてきました!
re0405-011.jpg


で、このS君ですが最初香港で会ってから、ベトナム、カンボジア、今回のタイでばったり再会がなんと3回も!

うん、多分ここまで来ると、どこでぼくの現在位置情報を入手してるのか知りませんが、


ぼくの追っかけなんだと思います。



まあ、ちょっと頭のネジ一本抜けたところがあります。
re0405-025.jpg
ちょ、どこ触ってんのー!?

いかにも今時の大学生って感じがして、一緒になんだかんだ楽しませてもらってます。


で、はやっぱりいいですね!
re0405-009.jpg

この中から何をどんだけとっても、焼肉食べ放題300円ってのが驚きです!

現地タイ人のお客さんもがっつきまくり!

小皿が肉山になるまで盛って、その肉山を10皿くらいトレーに載せて自席まで運んでますからねー。



でも、我々も負けてません!!
re0405-012.jpg
鍋底が見えなくなるまで肉を載せるのが当たり前です!!


自分の盛ったごはんは残さず食べる!がモットーのお行儀のいいぼく達はもう胃袋破裂寸前!

胃袋内の肉構成率120%のキャパ超えです!!







で、話は変わりますが、この肉パーティーのおよそ5時間前…この日は予想外のサプライズ再会がありました!!




ラオスから2夜連続での夜行バス移動を経て、2度目のバンコク入り初日、ぼくはさすがに心身ともに疲れきっていました。


バンコクに着いて、まずは友人から紹介してもらったカオサンロードのお勧め宿に即効チェックイン。

ベッド2日ぶりだー!!って、体が横になれる幸せを指先まで感じながら、まずは安否確認のメールを彼女に送るためにパソコンを開きました。

で、ラブメールを一通送り終えて、そのまま旅仲間や日本の友人のフェイスブック近況をダラダラ見あさっていた時のことです。



ある懐かしい友人の近況報告に目が止まりました。


5年以上も会っていない仲の良かった大学時代の友人の近況。
yayy!! I made it to BKK!!! Now I'm tempted to stick around n do some shopping in the city :p

訳すと、
「イエーーイ!!BKKまで辿りついたー!ちょっと市内うろついてショッピングしたくてしょうがない!」


お!相変わらずテンションたかっ!って、うん!?BKKって。。。





そう、バンコク!!!



ぼくもBKKにいるよ!会おう!!!というメールを送って、二つ返事でBKKで奇跡的な再会が実現!!
re0405-003.jpg


内輪ですみません。みんな!N子に会ったよー!!!
re0405-005.jpg


バンコクにいるということ知ってから、会うまで即効でした。


東京の若者的なノリで例えると、「今、シブヤなんだけどー。暇だから誰かのもーよ」という軽いメールに食いついた感じです。


ま、テンション上がりすぎて、2日間お風呂入ってないのも忘れて、きったなーいまま彼女に会いに行ったのは内緒です。




少し補足させていただくと、この大学時代の友人N子はザ・帰国子女。

日本にいるときからもN子の友達は7割方外国人。
re0405-523219_10150713803445138_500800137_9329355_1504935513_n.jpg
写真の真ん中にグレイシー一族みたいなやつが写ってますが、ここはスルーしてください。

右に写ってるのがN子です。



全ての言動やファッションが欧米ノリで、大学の授業に教科書と間違えて、ワォッカのボトルを入れてきてしまう少し変わった友人です。

一年の授業出席回数よりクラブにいく回数のほうが多かった彼女は大学中退してしまい、現在はお客さま満足度トップといわれている中東の某航空会社のキャビンアテンダント。



大学の仲間内でも、「N子は他とは、違う。」と、一目置かれていた存在でした。

ただ中退後、誰も彼女の行方を知らず、横須賀の米軍基地で水商売をしているとも噂されていました。




まさか海外で、その上バンコクで再会するなんて、ぼくはあまりの感激に会った瞬間、発狂しそうになりましたが、N子はめっちゃ軽く、「やっほー。久しぶり!」の一言。


年間何百カ国も飛び回る彼女にしてみれば、海外で友人に会うことは何も珍しい話ではないんだと思います。


彼女にしてみれば、バンコクのスワンナプーム国際空港も渋谷駅と同じくらいの扱い。





ラーメンを一緒に食べに行き、大学時代の懐かし話や、相変わらずクラブ好きという話、キャビンアテンダントの裏話なんかもして、楽しかったです!
re0405-004.jpg

ラーメン屋でビールも注文してお互いの懐かしさのあまりずーっと話してしまいました。

それからはバンコクのショッピングエリアをぶらぶらして、ぼくのお気に入りタイ風ミルクティも勧めて、
re0405-006.jpg



あっ、で、デートじゃ、じじゃないですよ。
re0405-007.jpg
た、ただのお友達ですからね! 

この写真、メチャクチャカップルっぽいですけど、お互い帰国子女で、ただ欧米スタイルで写真撮ってるだけですからね!




N子は5日間の休暇を使って、タイのピピ島へ他のCA同僚と遊びに行く予定らしく、2時間くらいの短い再会でした。


ピピ島への乗り換えフライトまでの2時間弱、ぼくに会ってくれました。


短い再会でしたが、まさかの再会でMAX楽しかったです。






単純に日本からの旧友に会えたことが嬉しかったし、旅の出来事はいつも「予想外」ということを改めて感じた一日でした!









本日も生存確認ありがとうございます。
焼肉やすっ!!
うわああ、すごい再会!!と、思った人は、
「世界一周」をぽちっと、お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。