プロフィール

えーすけ

Author:えーすけ
世界一周の旅を決意して、勤めてた会社を即退社。家なし、貯金なし状態からフリーター・節約生活を1年経て、2011年9月11日から世界一周の旅へ出てます。

同棲の約束を彼女と交わし、世界へと旅立った今、目標は一周してただ無事日本に帰ること!!待っててくれよ~!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
158位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
応援ありがとうございます!
RSSリンクの表示


世界一周Blogランキング参加中です!

あなた様のワンクリックで、ぼくのブログ更新のやる気が538倍ほど、アップします!
あああ、今日も記事書かなきゃと、眠くてもベッドから起き上がります。
頑張ってパソコンを点けます。
写真を見返して、文章を考えます。
で、そのまま眠りに入ります。

ま、それでも、クリック、よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオスの宿の娘といい感じ。

ルアンパバーン出発前夜、ぼくは宿のあの子といい感じになりました。


ぼくがラオスの満月をつまみに100円のラオビールをゆっくりしていたときです。

彼女も一人寂しそうにぼくの隣でくつろぎ、少しロマンチックにも光る橙色の月を眺めていました。



照れ屋のぼくは、挨拶代わりに軽く笑みを交わすだけでした。

お互い初体面で特に話すこともなく、どちらから話を切り出そうかしばらく沈黙が続きます。



宿のテラスにぼくら意外誰もいなくて、たまにお互いの様子を伺う二人。

ここで第三者が入ってきても、ぼくのぎこちなさが一目で分かります。



そんな違和感漂う空気から打破してくれたのが、彼女からの突然のアプローチでした。





まあ、かわいい!!
re0404-001.jpg

ぼくの膝の上でじゃれあいます。
re0404-021.jpg


ただ、ぼくのぎこちないタッチから「こいつあまり扱い方に慣れてないな」ってのがすぐバレてしまい、



すぐ飽きられてしまいました。
re0404-005 (2)


そっちからアプローチしてきたのに!もうちょい構ってよー。
re0404-010 (2)





おい、やめろや!
re0404-011.jpg
手馴れてない男には興味ない!と言わんばかりの鋭い目線で睨みつけられました。




損ねてしまったご機嫌を取り戻そうと努力するも、無視。
re0404-003.jpg


ぼく、ダメな男です。おやすみなさい。
re0404-019.jpg
もうちょっと経験踏んでから出直します。


ラオスでの最終夜はこんな感じで幕を閉じました。

翌朝、ルアンパバーンを出て、一度首都のビエンチャンを経由してバンコクに戻りました。




さあ、出発!!
re0404-042.jpg

久しぶりにバックパックの奥底に眠っていたこの中国生まれのジャケットを取り出しましたよー。

バンコクからラオスに向かったときのバスは、空調の効き過ぎで体調不良に陥ったので、その反省を活かしてのメイドインチャイナ君の登場です。

ちなみに、買って1週間でボタンが外れ、現在、右ポケット&内ポケットがびりびりに破けてます。



グッバイ、ルアンパバーン!
re0404-045.jpg




て、まだ寝てるし!
re0404-043.jpg
もちろん、彼女からの見送りはなし。






ラオス首都、ビエンチャンはルアンパバーンやバンビエンと比べ都会です。

道路はしっかり整備されていて、3階建て以上の建物を1週間ぶりに見ました。
re0404-007.jpg
あと多分、ラオス内に信号機があるのはここだけです!


ビエンチャンには滞在するつもりはなく、バンコク行きのバスが出発する夕方までの超短時間観光。

市内をぶらぶらして、たどり着いたのはラオス国内、唯一のショッピングモール。
re0404-009.jpg

一階フロアの仮設テントの下で、真剣そうに電子機器を直していたり、
re0404-010.jpg

フードコートには日本食!!
re0404-013.jpg


なにより、僧侶も買い物をしている光景は面白かった!
re0404-012.jpg

規模は小さいものの、それ以外は他国で見てきたショッピングモールと変わりありませんでした。



そして、ビエンチャンもラオスの仏教信仰の強さが見受けられるお寺がいくつもあります。
re0404-018.jpg

re0404-017.jpg


歩道の仕切りフェンスも仏教感ありありの玉ねぎ型。
re0404-015.jpg



そして、道路のど真ん中に突如現れた仏教塔!
re0404-002.jpg


ぼくはここからラオスの空気肺いっぱいに吸い込んで、
re0404-005.jpg



ジャンプ!!
re0404-006.jpg


バンビエン川下りのとき高台から跳びすぎて、高所感覚が狂ってしまったのか、思った以上の落下距離。



普通に着地失敗して、こ、腰が…





イエーイ!!
re0404-004.jpg


バック・トゥ・バンコク!!






本日も生存確認ありがとうございます。
ネコちゃん、ツンデレでかわいい!
僧侶もショッピングモール行くんだね!
高台飛び降り好きだねー!と、思った人は、
「世界一周」をぽちっと、お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ルアンパバーンいろいろ。

ご存知の通り、ぼくのブログとリアルタイムとではかなりの時間差があり、2ヶ月以上ギャップがあります。

現在はトルコです!!

普段ベリークールなぼくのにやけ顔でれでれっぷりを笑いたい人が多いのは存じておりますが、また改めて彼女と再会したときの様子はトルコ編でお送りしますのでお待ちください!


で、ラオス滞在の記事を最後に書いて2週間たちましたが、残念ながらまたその続きから!






ルアンパバーンでの3日目、わざわざ早起きをした理由は托鉢を観に行くため。

托鉢とは、僧侶が修行のため、経を唱えながら各戸の前に立ち、食物や金銭を鉢に受けて回ることを言います。

修行をルアンパバーンの観光名物というのは失礼だと思いますが、托鉢を名物と言わざるを得ないくらいルアンパバーンにも見どころが少ないんです。。。


ぼくらもせっかくなので、頑張って6時に起きましたよー。



ぼくらは托鉢がそもそもどこで行われるのかリサーチ不足でとりあえず外を出ましたが、歩いて2分で着いちゃいました。

そう、歩いて178秒くらいのメイン通りには、すでに托鉢見物者や参加者が歩道側50mに点々と待機してます。


外を出たらうっすら明るかったですが、まだ夜明け前。
re0402-001.jpg

これから何が行われるのかで、ぼくらはただその横を突っ立てていました。



すると、5分もしないうちに僧侶の列がこちらに向かってきました!
re0402-020.jpg

20人ほどの列がいくつか歩道にいる礼拝者の横を通っていき、
re0402-018.jpg


僧侶たちはただ黙々と一人ずつ礼拝者たちから食物を受け取り、そのまま次々と去っていきます。
re0402-010.jpg


僧侶は鉢のふたを開けて、食物を受け取ったあと、また蓋をしめます。それだけ。

そして、また次の礼拝者へ。



一切、お礼も言わずに。
re0402-004.jpg

re0402-015.jpg



托鉢は修行なのでもちろん何も楽しいことはなくて、黙々坦々っていう感じです。

ぼくらは横から黙ってただ見てました。



ただ、歩道に座る礼拝者の中には明らかに仏教とは関係ない欧米おばちゃんが混ざっていて、パシャパシャ僧侶のまん前で写真撮ってたのがイラッとポイント500ポイントでしたね。

僧侶の列が黙々と礼も言わずに並ぶ光景は不思議な感覚でした。



20分くらいで僧侶の団体列はいなくなり、ぼくは珍しく、ラオスに来て初めてその後の予定をしっかり決めてました。



ま、2度寝です!!





昼前に起きて、午後はまたルアンパバーン周辺をパートナーと観光しに行きました。

向かったのはクアンシー滝といってその水がエマラルド色をして有名な滝!
re0402-055.jpg


おおお、めっちゃ綺麗!!
re0402-055.jpg

バンビエンで一度同色の池を見ましたが、こっちのほうが澄んでるような気がします。
re0402-056.jpg

re0402-040.jpg



あまりにも綺麗で、二人とも謎のポーズ!
re0402-050.jpg
撮ってくれたオランダ人おっちゃんも苦笑。



そして、滝の流水は確かに綺麗でしたが、あいにくの曇り模様。

それでも水の中に入る気満々のぼくだったんですけどね。


ただ、ここに来るまでノリノリのアメリカ人夫婦と一緒にトラックタクシーをシェアしてきたのですが、この夫婦と組んだのがミステイク。


片道40分はかかるクアンシー滝までこの夫婦から聞いたのが、2時間後に飛行機のフライトがあるということ。

クアンシー滞在時間40分。クアンシーダイブは諦めます。



そんで、本流の滝まで登るのにダッシュしましたからね!
re0402-064.jpg


わお、なかなかの迫力!!
re0402-071.jpg

この写真一枚だけ撮って、夫婦との集合場所までこれまた猛ダッシュ!!

5分くらい遅れちゃいましたが、まあそのくらいは許容範囲でしょ!!

と、思っていたら、



そう、夫婦はまだ揃ってませーん!



ぼく、振り回されすぎー!!

うわあ、残念でした。




そんで夕方、このどこにもぶつけようもない腹ただしさを食にぶつけることにしました。

あ、やけ食いってやつですね。
re0402-102.jpg


ここ、一皿100円で盛り放題!!
re0402-085.jpg
全部同じ味だけど、おなかは満腹です!


満腹からのー、肉!!
re0402-086.jpg


アンド、ラオビール!!
re0402-110.jpg


ラオビール大好きです!!








本日も生存確認ありがとうございます。
托鉢、不思議だねー!クアンシー綺麗!!
また食べすぎ!!と、思った人は、
「世界一周」をぽちっと、お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。