プロフィール

えーすけ

Author:えーすけ
世界一周の旅を決意して、勤めてた会社を即退社。家なし、貯金なし状態からフリーター・節約生活を1年経て、2011年9月11日から世界一周の旅へ出てます。

同棲の約束を彼女と交わし、世界へと旅立った今、目標は一周してただ無事日本に帰ること!!待っててくれよ~!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1938位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
241位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
応援ありがとうございます!
RSSリンクの表示


世界一周Blogランキング参加中です!

あなた様のワンクリックで、ぼくのブログ更新のやる気が538倍ほど、アップします!
あああ、今日も記事書かなきゃと、眠くてもベッドから起き上がります。
頑張ってパソコンを点けます。
写真を見返して、文章を考えます。
で、そのまま眠りに入ります。

ま、それでも、クリック、よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマーのバス、ファーストクラスに!

今日はミャンマーでのバスのお話です。

これまで夜行で乗ってきたバス、市内を走ってるバス、止まってるバス、見かけるほぼ全てのバスに懐かしさを感じます。


これといってバス好きという訳ではないんですけど、走ってるバスに目を止めてしまう理由。

それは、



じゃぱんすいみんぐすくーる。
re0512-010.jpg

うらばんだいねこまほてる。
re0512-009 (2)
読み方分からなかったです!てか、これどこですか?

おおてつかんこうばす。
re0512-008.jpg


そうです。日本での活動を引退されたおじいちゃんバスたちはミャンマーで元気に再活動されておられます。

ま、普通に言うと、ミャンマーで見るバスのほとんどが日本の中古バスです!


ちなみに車内も。
re0512-002.jpg
ミャンマー人は持っていない人多いです。

ひじょうぐち。
re0512-003.jpg


きけんですからすてっぷに…
re0512-009.jpg


って、君たち、バスの外にはみ出てるよ!
re0512-007.jpg
日本の中古バスということは分かってるみたいですが、さすがに日本語の注意書きは読めません。

意外と日本のものが身近にあるミャンマーです。

ミャンマー滞在中に乗ったバス5回中4回は日本のバスでした。



ま、何が言いたいのかというと、

今回、バガンからインレー湖までのバスが横浜市営です!
re0512-003 (2)
実家の前を走ってたバスです。

ただ、先ほどお話させていただいたように、ミャンマーで走っている日本のバスは皆、おじいちゃんです。


このバスのタイヤ。
re0512-012.jpg
でっかい「シワ」が入ってます。


ま、案の定、途中でパンクして、タイヤの交換です。
re0512-011.jpg


あと、これ以外にも原因不明のエンジン停止で立ち往生が2回。
re0512-014.jpg
そのうち1回はまたバスが動きだすまで2時間待ちでした。


ま、旅人レベル38くらいの僕はこんなことで怒ったり、動揺したりしません。



このバスの本当の問題は座席にありました。

そして、このバスの座席が結果的に、今までの中でも最も思い出深いバス旅へとつながるとは思いもしませんでした。

旅人レベルで言うと、一気に10レベル上がるような経験です。



朝5時半に乗り込んだバス。
re0512-006.jpg
満席状態です。

1日前に予約したバスチケットは普通席が一杯で補助席であれば乗車可能とのことでした。

補助席でも、まあいいかと、そのままお願いしたんですけどね。


ただ皆さん、お忘れなく。このバスは横浜市営です。


公共バスにまず、ないものは、補助席!!


ぼくの席はお風呂用みたいなイスです。
re0512-005.jpg

風呂イスに10時間かあ。
re0512-008 (2)
朝早くて、バスの中で寝ようと思ったのに、これでは一睡もできません。

風呂席にされたフランス人の夫婦はバスのスタッフと一悶着した後、払い戻ししてましたね。


このときまだ、旅人レベル33だった僕は、まずは我慢ってやつで乗り切ることを考えました。





でも、ここは旅人レベルを上げる絶好のチャンスです。


居てもたってもいられず、スタッフに秘密の特訓を申し出ました。

ちなみに、旅人レベルが40を超えると、インドに入国できるといわれています。



ぼくをあそこに上がらせて下さい!
re0511-004.jpg

ミャンマーに来てから、ミャンマー人が乗っているところを良く見かけていて、

僕もいつかはやってみたい!と、思い続けてました。


でも、お、おまえはまだ旅人レベル33じゃ…
re0512-015.jpg
という、スタッフの声を押し切って。



うぇあああ!
re0512-028.jpg

ぎゃいええええ!
re0512-021.jpg

気持ちいいいいい!
re0512-023.jpg

エコノミー席からファーストクラスにアップグレードさせてもらった気分です!


ファーストクラスといっても荷台ですけど。
re0512-016.jpg


で、誰のバックパックか分かりませんが、
re0512-027.jpg
今日は僕の枕です!!




景色も一望!アンド、独り占め!!
re0512-105.jpg

re0512-095.jpg

re0512-078.jpg

re0512-070.jpg

re0512-043.jpg



ただ、ちゃんと前を見ていないと、

おおお、でんせーーん。
re0512-082.jpg

今度は、木のえだああああ!
re0512-092.jpg

気をつけていないと、一発で、頭をミャンマーに忘れることになってしまいます。


途中から現地のミャンマー人一人と、
re0512-111.jpg
ミャンマー人ぽいですけど、日本人バックパッカーのSさんも合流。

このSさん、60歳オーバーですけど、僕と一緒に荷台に乗るほどめっちゃ元気です!
re0512-110.jpg

うん、多分、旅人レベル143くらいのお方です。


あと風を浴びるときの僕の髪型が金八先生です。
re0512-059.jpg

もしくは山下達郎さんです。
re0512-058.jpg


荷台、最高!!
re0512-109.jpg


こんな感じで惨めで苦痛ばかりのバス旅になるところから一転して、今までで最高のバス旅へと変わりました。


自分の置かれている状況を一つ変えて、マイナス感情をプラスの思い出として残すというのが、ある意味、旅をさせてもらっている僕の仕事の一つ。

僕の旅スタイルです。




ま、最終的に、何が言いたいのかというと、



旅人レベル43になりましたので、これでインドに行けます。








本日も生存確認ありがとうございます。
日本のバスばっかり!!
荷台楽しそう!と、思った人は、
「世界一周」をぽちっと、お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

中国人ってやっぱり…そうなんですね。

中国入る前に聞かせれてはいましたが、中国では本当に英語が通じません。


中国語を全く覚える気はないけど、
そんな中国でもだいぶコミュニケーションとれるようになりましたよ。


メニューの漢字がなんとなく分かる飲食店では指差しで。

1120-004.jpg


バスや電車のチケット売り場では筆談で。




「ニーハオトイレ」もお手のもの。

「ニーハオトイレ」とは入り口に扉がなく、仕切りの壁も低い中国式便所で、ウンチするのにしゃがむときも頭が上に出ます。


ぼくは、今じゃもう躊躇なくいけるよ。すごいでしょ!


相手の踏ん張る顔が見えることから「ニーハオトイレ」と呼ばれるらしいのですが、もちろん「ニーハオ(こんにちわ)」と声を掛け合う人はいません。


試しにこっちから「ニーハオ!!!」と、満面の笑顔で挨拶したら、挨拶返してくれるかな??






さて、陽朔からは雲南省と呼ばれる中国の南西部にある省へ向かう予定です。

雲南省では昆明→香格里拉(シャングリラ)→麗江(リージャン)→大理→景洪へと進み、そこからはラオスかベトナム入ります。



問題は陽朔から昆明まで直接いける電車がない。。。




一度、南寧という都市を経由して昆明へ行くことにしました。


桂林まで戻れば電車があるけど、その電車は昆明まで20時間くらいかかって、どちらにしても南寧を通ります。


調べた結果、
「陽朔→南寧のバス料金+南寧→昆明の電車」=「陽朔→桂林→昆明」なので、南寧行き決定!


一度行った桂林に戻るのも負けた気がするので。




南寧までは中国内、初のバス移動!!!
1120-003 (2)


南寧までは5時間。バスの中は広々としてて快適なバス旅。

車内の中国人は食べ物は散らかす、ゴミは床に捨てる、携帯電話で大声で話します。


日本じゃ考えられないマナーの悪さ!


途中のトイレ休憩でお手洗い10m先にあるのに、わざわざ外で。
1120-005.jpg

でもこれ、重要な中国子育ての一つでチャイニーズキッズをこのポーズでお店の横、道端、電車の中まで、そこら中でウンチさせます。


ほぼ時間通りバスは南寧の終着所に着き、真っ先に思ったのが、

南寧市は人、多っ!!


土日滞在ってこともあって、宿から3分で行けるメイン通りはショッピングエリアで中国人口の多さを実感!


人!
1120-013.jpg


人がダンシング!
1120-011.jpg


人がウォチング!
1120-007.jpg


人がプレイング!
1120-044.jpg


人が多くて、まずまっすぐ歩くことができません。


おまけに歩道でもバイクが対向してくることもあるし。

1120-001.jpg
おいおい、障害者用点字ブロックの上走ってる!!


車内マナー同様、中国の運転マナーにもびっくり。交通ルールを守らない人が多いです。



横断歩道は自動車優先!

邪魔だとクラクション鳴らされまくり。




運転手の運転意識は、
「ちょっとだけならいいっしょ運転」!

公安の人が見てても、20mくらいだからいいでしょ!って顔しながら大通り逆走。






南寧は交通量も多く、人も多い大都市。

旅行者がいくような観光場所は少なく、人々のリアルな都会生活してるが見れる都市。


なので、宿から半径1km以上は出てないと思います。




特に面白かったのが、宿から50mくらいのところにあった食市場。

中華料理は世界三大料理の一つだけあって、食材は豊富!

1120-025.jpg

1120-036.jpg

1120-026.jpg


1120-031.jpg
これ、何を切ってるのかさっぱり分かりません。



他の国のフレッシュマーケットと違って、お茶、香草や漢方がおいてあります。
1120-021.jpg

1120-019.jpg




それで市場をうろちょろしてたら、とうとう見てしまいました!







肉売り場で。







もしや、アレは。。。







食用犬肉。



ここでは多くの人の反感買ってしまうので、写真は自粛させてもらいますが、見たときは、

衝撃!の一言。



他のお肉と同じく中身の内臓は抜かれていて、蝋人形みたいで固そうでした。

ちなみに豚肉や牛肉より高く、飲食店で注文すると高級品らしい。





あと、マーケットで印象的だったのが、売り場の人よく昼寝してました。

1120-038.jpg

この写真はぎりぎりセーフ!?おそらく鹿肉売り場です。
1120-030.jpg


よくこの状況で寝れるなー。中国人最強!!










そして、宿に戻ったら、男しかいねー。
1120-003.jpg
自分も含めて、12人くらいで仲良くロビースペースで映画鑑賞。



むさっ。




唯一いた女子がユースホステルの受付の女の子。


女子にはパラダイス!?

いや、それどころか、このむさい空気に耐えられず、どこか逃げちゃいました。








ぼくも、21時の夜行列車があったため一人離脱。










さ、雲南省突入です!











中国人って、本当自由だなー。と思った人、
マーケットで見た犬肉、気になる…思った人は
ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。